注意点と準備する物|膣に関する悩みがあるなら専門医師の元で手術をしましょう
婦人

膣に関する悩みがあるなら専門医師の元で手術をしましょう

注意点と準備する物

ウーマン

膣の手術は、切開をして行なうため術後は動くのが困難になる場合があります。そのため、身動きが取れなくなる前に準備しておくと安心なものがあります。まず、ナプキンは必須でしょう。一週間から三週間はおりものが出やすくなっているため、ナプキンは欠かせないアイテムです。また、量が多くなるため、お産用のナプキンだと尚安心です。少なくなってくると普通サイズの生理用ナプキンで対応できるようになります。手術後の膣は、血液が中に詰まってしまう可能性があるので、膣洗浄があると良いでしょう。最近はコンパクトサイズのものが販売されているので清潔に保つためにも必要です。他にも傷跡を早く癒すためのビタミンEは飲むタイプと塗るタイプがあり、こちらは術後三週間から使用可能です。また、定期的に使用することでダウンタイムの期間を短くすることができます。

膣の手術をした後は、傷口が痛むことがあるため、ドーナツ型のクッションが欠かせなくなります。直径50㎝ほどの大きさならどのお尻にもフィットするでしょう。手術後は、動き回ると傷口の治りが遅くなるのでできれば外出は控え、簡単に済ませられるインスタント食品を準備しておくと助かります。なお、痛みが強くなるようなら、膣の手術を行った病院で痛み止めの薬を追加する手もあります。このような場合でもきちんと対応する病院であれば、術後も安心して過ごすことができるでしょう。また、後のケア方法やどう過ごすのか等医師から詳しく聞くことができますので、疑問に思ったことは積極的に聞いてみましょう。